引越し業者静岡

引越し業者を静岡で選ぶ方法

静岡 引越し 料金

静岡 引越し 価格

静岡 引越し 見積もり

静岡 引越し 格安

静岡 引越し 激安

 

静岡市の引越し業者を検索すると、80件以上がヒットします。
こんな沢山の中から良い引越し業者を1社に絞り込むのは難しいと思いませんか?

 

良い引越し業者を探すなら、複数の引越し業者から見積もりを取って比較する必要があります。
サービスや料金を比較しなければ、どこが良いのかは判断できません。

 

同じ条件で見積もりを取ったはずなのに、引越し費用には必ず差があります。

 

静岡 引越し業者 選び方

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりです。
見積もりは無料です。

 

静岡引越し

 

1回だけ情報を入れれば、あなたのお住いの地域に対応できる最大10社を選んで、見積もりを取ってくれます。

 

引越し業者を調べて1社1社に何度も連絡する必要がないので、便利でとても簡単です。

 

引越しは時間との戦いでもあります。
良い業者ほどどんどん予約が埋まっていきますので、先延ばしにせずに早めに準備しましょう。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越し料金のしくみ

 

静岡引越し

 

引っ越し費用は、人件費と移動距離とオプション費用で決まります。

 

つまりあなたの引越しにどれだけの引っ越しスタッフ(人件費)が必要かということ、荷物を移動させるのに必要な交通費、そしてゴミの処理費やエアコン移設費などの特殊なものがどれだけあるかということ、これらの合計が引っ越し費用です。

 

荷物が多い人の引っ越しはそれだけスタッフの数も多いですし、大きなトラックが必要なためガソリン代もかかります。
さらに新居までの距離が遠いほど、運転の交代要員や高速代が加算されますので、結果引越しの価格が高額となるのです。
また物件のエレベーターの有無や廊下の狭さ、トラックを停められる位置によっては、料金がさらに高くなることもあります。

 

だから〇〇引越しセンター、引越し費用一律□□万円!などという価格表は作ることができないのです。

 

あなた自身の引越し費用の相場を知りたいのであれば、複数の引越し業者から見積もりを取るしか方法はありません。
少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、新居の住所が決まったらすぐに見積もりを依頼して比較し、引越し業者をおさえておきましょう。
先延ばしすると、条件の良い引越し業者ほど予約が埋まり契約できなくなります。

 

引越しとあいさつ

 

引越しとあいさつ

 

引越しの挨拶は面倒だな〜と思われるかもしれませんが、これからのことを考えると行った方がいいです。
ではどこまで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートならば、上下左右の部屋の方への挨拶が一般的です。

 

集合住宅の生活音は思っているよりも気になりますので、最初に顔見知りになっておくことは大切です。
もしあなたの隣の人がうるさくて顔も知らない人であれば、ためらいなく壁をバンバン叩いてしまうでしょう。
しかし一度顔見知りになっていると、なかなかやりにくいですよね。

 

大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合はご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言います。
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒にはご挨拶しましょう。

 

一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がなく、おそらく町内での当番制であることが多いです。
自治会長さんにもご挨拶しておいて、ゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。
戸建ては特に長く住む可能性が高いので、ご近所トラブルは避けたいものです。

 

もちろん挨拶だけでもいいのですが、簡単な粗品を用意したほうが行きやすいかと思います。

 

粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいますので、洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子など人気です。

 

挨拶はできれば引越し日までに、遅くても翌日までには行きましょう。

 

 

引越しの初期費用

 

引越しの初期用

 

引越しにはお金がかかります。
引っ越しの初期費用にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けるという形です。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習です。しかし最近は礼金ゼロの物件も増えています。礼金は家賃2〜3か月分が多いですが、先払いしてもらうことで社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。
さいきんは仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
火事は一瞬ですべてのものを奪い去ります。
火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でしたが、最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って契約するのが一般的になりました。。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作りますが、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
防犯のことを考えると入居時に鍵は交換しましょう。

 

 

引越しと国民健康保険

あなたの健康保険は国民健康保険ですか?
国民健康保険は、会社員や公務員(と扶養者)以外が加入する健康保険で、自営業の人や農業漁業従事者、会社を退職した人などが加入しています。
国民健康保険はお住いの市町村役場にて手続きが必要です。国民健康保険の保険料は全国一律ではなく、各市町村によって財政や人口推移などで保険料が違います。
市内での引越しの場合は「住所変更手続き」をすれば大丈夫ですが、市外への引越しの場合は少し面倒です。

 

転出の際には国民健康保険の「資格喪失手続き」が必要です。
さらに転入の際は「加入手続き」が必要となります。
国民健康保険の手続きを忘れてしまうと、急な病気や事故の時に健康保険が使えずに、自費で支払わなければならないこともあります。
引越し手続きで役所に行くときに国民健康保険の書類も必ず提出して、無保険の時期がないようにしましょう。

 

 

引越しと国民年金

引越しの時に役所関係の書類はいろいろあります。
国民健康保険や児童手当はいますぐ必要なものですから忘れてしまうことはないと思いますが、国民年金は将来もらうお金であることが多いのでついうっかり忘れてしまいそうですね。
将来年金はもらえないだろうなんて言われますが、将来仕事ができない年齢になった場合や大黒柱が死亡して遺族年金をもらう場合、事故で障害を負ったときの障害年金などもありますので国民年金は払いましょう。

 

引越しで住所が変わって役所での手続きが必要なのは、第1号被保険者の方です。
同じ市内での引越しの場合は住所変更の手続きが必要です。
市外への引越しの場合は、新居の最寄りの市町村役場で住所変更手続きを行ってください。
転居してから14日以内が提出期限です。
手続きを忘れて未納の期間ができてしまうと、将来の年金の額が少なくなったりする可能性もありますので、国民年金の手続きはお忘れなく。

 

ペットの引越し

 

ペット引越し

 

最近は空前ペットブームで、犬や猫を飼っている人が多いですね。
多頭飼いも珍しくなくなりました。

 

引越しの際にペットも運ばなければなりませんが、残念ながら引越し業者のトラックでペットを運搬することは出来ません。

 

近距離であればゲージに入れて自家用車で移動することができますが、遠距離になるとなかなか難しいです。

 

もしペットを遠距離搬送しなければならない場合は、自家用車で連れて行くか公共の交通機関で移動するか、ペット運送専門業者に依頼しなければなりません。

 

そして近距離に引越しの場合でも引越し当日は、実家や友人に預かってもらうかペットホテルを利用したほうが安全です。
当日の引越し作業は時間との戦いですから、ペットが現場にいるととても危険です。

 

忙しいと足元はしっかり見えませんので、ペットの安全を考えるなら現住所にも新居にもペットに居場所はおけません。

 

そしてペットも引越しの際はストレスを感じます。
慣れない新居にゲージに長時間入れられると体調が悪くなることも考えられますので、引越し前にペットの預け先を考えておいてくださいね。

 

 

 

 

 

引越し業者高松 引越し費用会社負担 引越し業者東大阪