トラック 大きさ 前面道路

トラックの大きさと前面道路の幅

引越し トラック 前面道路

 

引越しのトラックにはいろいろな大きさがありますが、大きすぎず小さすぎないトラックを選びましょう。
小さなトラックは荷物が入り切らなかった場合に追加料金がかかることがありますし、大きなトラックは無駄な経費がかかります。

 

適正な大きさのトラックを選んだとして、使えないことがあります。
物件の前面道路の幅によっては、トラックが通ることができないからです。

 


・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

荷物の量が多い人は大きなトラックを選びたいところですが、道路が狭くてトラックが通れない場合はトラックを小さいものにするかどこかに停車して、リアカーなどで何回も往復するなどの対策が必要です。

 

どんな方法で行うのがベストかは、引越し業者に相談してください。